脊柱管狭窄症改善で腰や背中もハッスルする|骨改善で健康ライフ

医者

不調の原因を知ろう

加齢による脊柱管狭窄症は、ストレッチなどをすることにより、筋肉が固まらないような生活を送ると良いです。周りの人の理解があると、本人も不調を訴えやすいので、少しずつでもスムーズに生活をおくることができてありがたいです。

Read More

症状の基礎知識を

脊柱管狭窄症は背骨を通っている脊柱管という管が狭くなる病気で、腰痛や足のしびれなどを引き起こします。主原因は加齢によるものです。軽症の場合は装具で固定するなどして経過を見ますが、重症なら外科療法が選択されます。

Read More

脊柱管の診断と治療

脊柱管狭窄症は背骨の中にある脊柱管が何らかの原因で狭くなり、中を走る脊髄が圧迫されて出てくる症状である。腰椎においてもっとも言われることが多く、その場合腰部脊柱管狭窄症という。薬、および手術方法に関して最近進歩が著しい。

Read More

人の体を知る

高齢の方に多く発生している脊柱管狭窄症の基礎知識などをしっかりと学ぶことができるのはこちらのサイトです!

忙しくて病院へ通うことができないという方でも浦安の夜間診療なら時間の合間に通えます。身体の異変に気付いたらすぐに検査しましょう。

脊柱管狭窄症とは何か

脊柱管狭窄症と言われても、脊柱管狭窄症とは何かわからないことが多いでしょう。人間には背骨があります。そして実は背骨の中には縦に細長い空洞が開いているのです。まずこれが脊柱管というものです。ではその中に何があるかというと、脳からずっとつながっている神経の束、脊髄という組織が走っています。脊髄は脳からのほぼ全ての指令を伝え、また体中からの情報を脳に伝えています。脊柱管狭窄症は、何らかの原因で脊柱管が狭くなり、中を走っている脊髄が圧迫されて、脊髄の障害により神経症状を出すことを言います。基本的には、自分で脊柱管狭窄症を疑うというよりは、神経症状があって病院に行ったときに、画像検査などで脊柱管狭窄症と診断されることが多いです。

診断や検査について

脊柱管狭窄症は、背骨のどこでも起こりえます。ただ、首の場合には、頚髄症性脊髄症や、頸椎ヘルニアなどという診断がつくことが多いでしょう。胸椎の場合には、黄色人体骨化症や後縦靭帯骨化症といった、原因に基づく病名がつくことが多いです。よって、脊柱管狭窄症と病院で言われる場合、たいていが腰部脊柱管狭窄症のことになります。基本的な原因は加齢によるもので、それにより骨の変形、椎間板の変形、脊髄を取り囲む靭帯の変形などが脊柱管をせばめ、脊髄を圧迫することにより症状を出します。最も典型的な症状は間欠性跛行と言われ、歩いていると腰や足が痛くなり、前かがみになったり座ったりすると数分で改善する、そしてまた歩き出すと痛くなる、という症状です。最もよい検査はMRIという検査です。検査には保険が効くので、たとえば3割負担ですと5000円ほどの検査費となります。

高い治療効果を求めるならこちらへどうぞ!病院は口コミが大きな参考材料になります。高い治療効果を実感するなら、下調べが大事!